カークランドってなんなの?

 

日本においてもジェネリック医薬品を利用している方というのは非常に増えてきています。
日本や欧米諸国においては新薬には特許期間というものがあります。
特許満了まではその他のメーカーが同じ成分の医薬品を販売することはできません。

 

しかし特許期間が切れることでその他のメーカーであっても同じ有効成分を使用している医薬品を販売する、ということも可能です。
実際に薬剤を開発するため、というのであれば長い年数、そしてかなり高額な費用がかかります。
ジェネリックであればこのような費用を省くことができますので、ブランド医薬品と比較すると価格を安く設定することが可能なのです。

 

そしてカークランドもその1つになります。
ロゲインの主成分でもあるミノキシジルの特許期間がすでに過ぎたことで、同じ成分を使用することが許可され、結果的に製品化されたものがカークランドになります。

 

使用者間においては成分だけではなく同じ効果を期待することができる、という口コミが数多くあるのです。
同じ成分で同じ効果を得ることができるというのであれば、やはり少しでも価格の低いジェネリックを使用したいと思うのは当然ですよね。

 

継続して使用するためにも、金銭的な負担が小さくて済むというのは嬉しいですよね。