気になる事例について、知っておくと安心してフィンペシアを服用できます。

 

フィンペシアを飲みはじめてから動悸がはげしく、日中だるさが続く。

 

フィンペシアは心臓血管系の副作用が起こりにくいとされています。
また、フィンペシアはDHTを制御することで、動脈硬化を予防できる可能性があります。
この場合はほかの病気の可能性を考えて、医師に相談してください。

 

フィンペシアを飲みはじめてから睾丸にちょっとした痛みがでるときがある。

 

フィンペシアの服用開始当初はDHT濃度が極端に低くなって、ただちにフィードバックがかかり、テストステロンの産生増加により、 睾丸症状(重みや軽い違和感、痛みなど)が出ることが考えられますので、医師に相談してください。

 

 

プロペシアの深刻な副作用は報告されていません。

フィンペシアの副作用についてはプロペシアの臨床データが参考になります。

 

プロペシアの国内と海外の臨床試験では深刻な副作用は報告されていません。
欧米の臨床試験による副作用はごく軽いもので、発生率も5%以下とされています。

 

副作用の訴えは男性機能の低下、性欲の減退など「性」に関するものが大半です。
ほとんどの場合は「自覚症状」で、日常生活に大きな障害をきたすものではありません。

 

但し、持病として肝機能障害を持っている方のフィンペシアの服用は、気をつける必要があります。> 服用については医師と相談して決めてください。

 

また、フィンペシアの服用により、前立腺がんの腫瘍マーカーである血中SPAの値が半減します。 泌尿器科で処方された薬との併用や、泌尿器科を受診するときは医師に相談してください。

 

不安な時はひとりで悩まず、ただちに医師に相談しましょう。