発毛剤ってどれくらい使えば効果が出るの?

 

発毛剤は使用すればするほど効果が出やすくなります。
しかし、過剰摂取となると必要な成分が飽和状態になりそれ以上摂取しても効果が上がらなくなります。

 

効果には上限があるのに対して、副作用は使用量に比例していきますので注意しましょう。

 

発毛剤の効果が一番得られるのは発毛効果と副作用のリスクの高さが逆転しないぎりぎりのところです。

 

でもそれって見極めるのって結構難しく、やはり個人差というものが存在してしまうので結局は自分の身体で覚えるしかありません。

 

因みに医薬品でない発毛剤ですと副作用が無く安心して使用できるものがありますのでそちらを使うというのもひとつの方法かもしれません。

 

ただ、副作用がないものは医薬品に比べて効果が弱い傾向にありますが、安全性では断線こちらのほうが上です。

 

どちらもメリットとデメリットが存在しているというわけなのです。

 

因みに飽和状態になると効果が上がらなくなると述べましたが発毛剤としても使用されている医薬品のフィナステリド錠(プロペシア)は1日に5錠が上限となっています。

 

医師に処方してもらう場合、このように上限を確認することも出来ますので、初めて使用する人などはまずは医師に相談するところから始めると良いでしょう。

 

因みに発毛剤は一度の使用量よりも、長期的に使用し続けることで効果が発揮されますのでそこのところは理解して使用してください。