AGA対策

MENU

AGA対策

 

頭頂部の薄毛の原因はDHTが増加したことによるものの可能性があります。脱毛を促進する物質であり、男性の場合は影響を受け易く薄毛になってしまうことがあるのです。

 

しかしDHTを抑制する作用がAGAの症状によって、利用すべき治療薬が異なります。もちろん、多くの効果を期待するのであれば、作用の違う薬を並行して利用するという手立てもありますが、まずはどのような悩みを解決するかを考えつつ、これからの行動についてを決めるのがお勧めです。

 

すでに髪が抜けており、最近は進行が見られないというのであれば、ミノキシジルを利用しながら発毛効果を期待するのが良いかもしれません。血行促進を主たる作用として注目されているミノキシジルは、ロゲインなどの医薬品に含まれています。市販薬であればリアップが有名です。

 

もしも進行が現在も継続しているのであれば、脱毛の進行を阻止する働きがあるフィナステリドを利用するのが良いかもしれません。プロペシアにフィナステリドが含まれています。しかも、ミノキシジルとは違って内服して治療することができるのです。

 

多くの効果を期待して利用するのであれば、ミノキシジルとフィナステリドを並行して利用するという方法も視野に入れると良いでしょう。ただし、治療の良し悪しを決定するのであれば、自己判断よりも専門家の意見を参考にするのがお勧めです。

 

最近は発毛専門の外来を開設している施設も存在します。髪のプロに意見を受け画うことによって、自分がすべきことが明確になるでしょう。

 

フィンペシアとテストステロン

 

フィンペシアはAGAに効く薬のひとつですが、抜け毛を促進する物質を抑制する働きがある薬です。内服薬ですので飲むだけで効き目が発揮され、そして抜け毛を予防したり発毛し易い頭皮環境へと整えてくれます。
フィンペシアに有効性がある理由はジヒドロテストステロンという物質を抑制してくれるからなのですが、この物質はテストステロンと5αリダクターゼによって誕生します。どちらの物質も人体にとって必要な存在ですが、しかし両者が結合すると髪の毛の毛周期を乱れさせて脱毛を促進する強力な脱毛物質へと変化してAGAを発生させてしまうのです。そこで有効なのがフィンペシアですが、両者の結合を阻害して脱毛物質への変化を防止することができますので、それによって脱毛を予防することができます。また、乱れた毛周期も正常化しますので発毛してくる可能性も高まります。
このような効果があるのがフィンペシアですが、ただ服用している時にのみ効果がありますので服用を中止すると元に戻ると言われているのです。ですから予防し続ける為には継続して飲まなければいけません。また、根本的には発毛させる為の薬ではない為、高い発毛作用には期待しない方が良いでしょう。