育毛剤と発毛剤

 

育毛剤と発毛剤とを比較すると、発毛剤の方が重要なのではないか、と思われる方も多いようです。
育毛剤というのはそもそも今生えている髪の毛を健康的に育てる、ということを目的にしています。
一方発毛剤というのは新しく髪の毛を生やすことを目的としているんですよ。

 

薄毛や男性脱毛症の方の多くは一見すると禿げているように見えていても、よく見てみると産毛のような細い髪の毛が生えているものなのです。
このような細く産毛のような髪の毛は過去には元気に生えていた髪の毛が細く弱くなっている状態なのです。

 

このため、これらの毛を元気にするためには、育毛効果を期待することができる育毛剤が必要になります。
薄毛や男性型脱毛症で悩んでいる人は髪の毛を増やすためにまずは発毛剤を買おう!
そう思われている方が多いようですが、薄毛や男性型脱毛症の解消になによりも必要なものは1本1本の髪の毛を元気にするということなのです。

 

円形脱毛症のように髪の毛が一切無くなってしまっている場合には発毛剤が必要になるかもしれませんが、薄毛というのは1本1本の髪の毛が細く、弱々しくなっています。
そのため、今ある髪の毛をいかに元気に、強く成長させるのかということが大切になるんですよ。

 

フィンペシアのリバウンドとは?

 

プロペシアのジェネリック医薬品の一つにフィンペシアがあります。ジェネリックということでほぼ同じような効果を、非常にリーズナブルな価格で得られることから、経済的な事情でAGA治療ができない方でも、問題なく治療できると選択されることのある薬です。フィンペシアはDHTを抑える効果があります。ヘアサイクルを乱して抜け毛を進行させるのがこのDHTです。この生成に欠かせないのが5α還元酵素です。フィンペシアはこの5α還元酵素の生成を阻害する作用があります。これを抑えることで薄毛の進行をストップし、発毛に適した逃避環境へ導いてくれるのです。
そんなフィンペシアにはリバウンドがあるといわれます。もちろんリバウンドと言っても、飲むのをやめたら太るというわけではありません。飲み始めて効果が出たからと言ってやめてしまうと、また薄毛に戻るという意味でのリバウンドです。これはAGAが進行性の症状だからです。フィンペシアはこの進行自体を食い止めるのではなく、DHTを一時的に抑制することでとりあえず進行を抑えているだけなので、飲むのをやめるとまた進行してしまうのです。そのため飲み始めたら一生飲み続ける必要があるのです。