フィンペシアの利用は自己責任

 

この前、会社の上司たちとランチに行ってきました。

 

その時に、フィンペシア通販を愛用している話で盛り上がっていて、私はついていけませんでした。 でも、うちの脱毛症に悩んでいるお父さんにも効果がありそうだなって思って、話を聞いていました。

 

フィンペシアは、プロペシアの代替えとして使用している人が多いですが、通販の場合、すごく問題になるのが、効果がなくても返品ができないってことなんですってね。

 

ネットショップでも、『自己責任』と警告している所があるし、万が一、健康被害に遭った時には、文句が言えない状況になっているようです。

 

すでにプロペシアである程度効果を感じていて、フィンペシア通販を使っている人の場合は、ぺロペシアを医師に処方してもらった時に、副作用などを教えてもらったと思いますが、フィンペシア通販から始めた人の場合は、自分で副作用などについてもチェックをしておかないと、いけないそうです。

 

そのため、フィンペシア通販を利用する人は、何も知らずに購入してしまうと、後になってトラブルになることが非常に多いそうです。 通販の方が購入は楽ですが、副作用がある薬だと警告してくれる人がいないので、そういう点で危険が多そうです。

 

フィンペシア副作用と元々の使用目的

 

フィンペシア副作用と元々の使用目的は、AGA(男性型脱毛症)の治療にあります。

 

男性特有の薄毛や脱毛に悩んでいる人が服用する薬であり、同じ効果を持つ先発品のプロペシアより安く購入可能なので、その目的で購入されています。

 

具体的に言えば、AGAの原因とされている物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制する効果を期待して、服用する医薬品なのです。

 

ただフィンペシア副作用を恐れてしまい、元々の使用目的を忘れてしまうケースはかなりあります。

 

例えば服用して初期はかえって脱毛が増えますが、これは育毛への過渡期であり、副作用と言えるほどのものではありません。

 

フィンペシア副作用で毛が抜ける

 

フィンペシア副作用で毛が抜けるというのは、初期脱毛という現象と推測されています。

 

フィンペシアを服用し始めて1ヶ月くらいの時期に起こる現象で、育毛剤であるのに何故か反対の脱毛という現象に対して注目を浴びるようになりました。

 

原因には諸説あって中でも有力な説は、毛髪のヘアサイクルが正常化したために起こっているという説です。

 

ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期とあり、これをテンポ良く繰り返すことで正常な髪を保っています。

 

服用を始めると頭髪環境が一時的なリセット状態になり、ヘアサイクルが乱れていた時期に生えた毛髪が抜け落ちて、フィンペシア副作用と誤解されるようです。

 

プロペシア副作用の発症率は、服用した人全体の5.0パーセントとなっています。 ただ統計によって多少違いがあり、少ない場合は2.0パーセントほど、多くて5.0パーセントのようです。 フィンペシアとフィナロはともにプロペシアジェネリックですので、副作用についても同等と考えてよいでしょう。 フィンペシアとフィナロの違いは価格と着色剤です。価格はフィンペシアのほうが安くなっています。 着色剤についてはフィンペシアはキノリンイエローを使用しています。このサイトではこのようなことが詳細に書かれています。