フィンペシアはプロペシアの正式なジェネリックではありません。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品と言われていますが、
実際はプロペシアの正式なジェネリックではありません。
そのため効果の点で疑問視する意見があります。

 

プロペシアの特許を持っているのはメルク社です。そして、プロペシアの特許が切れるのは2019年となっています。

プロペシアの特許がきれていないのですから、ジェネリックを作ることはできないはずです。しかし、実際にフィンペシアはプロペシアと同じ成分で製造されています。

 

これはフィンペシアの製造元のシプラ社がインドの会社だから可能なのです。インドでは医薬品の特許条約に加盟していないため、特許が切れていない製品でも製造できます。

 

※シプラ社はインド第二の製薬会社で、世界的に有名なジネリック医薬品の会社です。特に、発展途上国へのエイズのジェネリック医薬品で有名です。

 

フィンペシア

 

フィンペシアの成分はフィナステリド

 

フィンペシアはプロペシアと同じフィナステリドを主成分としています。量も1mgと同じです。 aga の症状に効果を発揮するのは、このフィナステリドです。

 

フィナステリドは脱毛を促進する悪玉男性ホルモンを抑える薬効があります。

 

フィンペシアとプロペシアはこのフィナステリドを同じ量配合してありますので、発毛効果は同じ程度あると考えてよいでしょう。 また、脱毛抑制に効果がある成分はフィナステリドですから、どこで製造しているかはあまり関係ないと考えてよいでしょう。

 

実際に使用している方の口コミ体験を見てもフィンペシアを利用することにより、脱毛を改善して喜びの声を上げている方がたくさんいます。

 

また、フィンペシアはプロペシアと比べて圧倒的に安価であるということも手伝って、とても多くの方が利用しています。 この点もフィンペシアの効果を推し量るひとつの目安と言えます。

 

このように、プロペシアの特許は切れていませんが、同じ成分を同量使用していることから考えると、フィンペシアはプロペシアの実質的なジェネリックといえます。

 

フィンペシア

 

フィンペシアの効果

フィンペシアの主成分フィナステリドの効果については2010年に日本皮膚科学会が出した「男性型脱毛症治療のガイドライン」が参考になります。

 

A段階 フィナステリド内服 ・ ミノキシジル外用
B段階 自毛植毛術
C1段階 育毛剤(塩化カルプロニウム、tフラバノン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾール)
C2段階 セファランチン
D段階 人工毛植毛

 

(A〜Dの基準) A…行うよう強く勧められる  B…行うよう勧められる
C1…行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
C2…根拠がないので勧められない  D…行わないよう勧められる

 

フィンペシアとプロペシアの価格はちがいますが、主成分フィナステリドを同じ量(1mg)使用しています。

 

フィナステリドとミノキシジルの併用は相性が良く、効果を発揮します。
特に、フィンペシアミノキシジルタブレットの組み合わせは最強とも言われているようです。

 

抜け毛の仕組み

 

抜け毛は男性ホルモンのテストステロンが体内で過剰に分泌されることが原因で起こります。
過剰に分泌されたテストステロンは5α還元酵素U型の働きにより、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

 

この、DHTは通称、悪玉男性ホルモンと呼ばれ前立腺肥大症などの人体に望ましくない作用をもたらすほかに、 頭髪の育成をつかさどる毛乳頭細胞の中に入り込み、発毛を抑制するように働きかけます。

 

この結果、毛髪が細くなり、髪の生え変わり周期が短くなって薄毛になります。

 

髪は生えてくるけれど細く短いうちに抜けてしまうという現象が繰り返されるのです。
そして、時間の経過とともに、徐々に髪が薄くなってしまうのです。

 

フィンペシアの主成分のフィナステリドの実力

 

フィナステリドの薬理作用はシンプルです。

 

テストステロンが悪玉男性ホルモンジのジヒドロテストステロン(DHT)に変換するのに必要な5α‐還元酵素U型の働きを阻害します。 その結果、DHTを防ぎ、薄毛の原因を取り除くことになります。

 

フィナステリドの実力を考えるにあたってはプロペシアの臨床データが参考になります。

 

プロペシアの臨床データでは、1年間の服用で、6割が生え、4割が薄毛の進行がほぼストップ、薄毛の進行が止まらない人は数パーセントとなっています。 そして、3年になると発毛した割合は8割まで上昇します。5年間となると、さらに割合は上昇します。

 

フィナステリドは短期的な服用で効果をもたらす医薬品ではありませんが、このように長期的な服用で効果をもたらします。 また、フィナステリドの効果には個人差がありますが、効果を感じるまでには最低でも半年間は飲み続ける必要があるようです。

 

人によっては3か月程度で効果を感じる方もいますが、半年、1年経過して効果を感じたという方もいます。 1日1錠飲み続けるというシンプルな服用の仕方ですが、根気がいる薬ともいえます。

 

飲む発毛剤フィナステリドの実力

 

一般的に塗るタイプの発毛剤より飲むタイプの発毛剤の方が効果が高いと言われています。

 

髪の毛のことだから、頭皮に直接塗った方が効果的ではないかと考える方もたくさんいらっしゃるでしょう。 しかし、発毛メカニズムを考えても内服薬のほうが効果的であることがわかります。

 

発毛を司る毛母細胞は頭皮の奥のほうにあります。
塗るタイプですと頭皮から厚い皮膚を通過して毛母細胞に届きます。
そして、塗り方によっても、届くか届かないかが左右されてしまいます。

 

内服薬がなぜ良いのかというと、毛母細胞は毛細血管とつながっているからです。

 

血液の20%は脳に流れています。
服用したフィナステリドの20%は頭に向かうわけですから、その多くが毛母細胞に到達します。
そのため、厚い皮膚という障害がある塗るタイプより、毛細血管という道がある飲むタイプの方が成分が届きやすいのです。

 

ですから、AGAの治療を考えるときには、まずは内服タイプのフィナステリドからとなります。

 

フィンペシアの実力

 

フィンペシアはジェネリックといってもプロペシアの正式なジェネリックではありません。
しかし、フィナステリドをプロペシアと同量配合していますから、実質的にはプロペシアのジェネリックと捉えていいと思います。

ですからフィンペシアとプロペシアの実力は同じ程度と考えて良いでしょう。

 

フィンペシアを利用するのか、プロペシアを利用するのかは使う方の判断となります。

 

最初はプロペシアを利用して、フィンペシアに切り替える。あるいは、交互に利用して様子を見るのもいいのではないでしょうか。 いずれにしても、服用は長期間となりますから、経済的な負担についても考慮する必要があります。

 

フィンペシア